As Vans celebrates its golden anniversary, take a look back at 50 years of “Off The Wall” ® moments.

1966

Paul Van DorenJim Van DorenGordon LeeSerge Deliaと共に3月16日、カリフォルニア州アナハイムのブロードウェイ通り704E番地で創業。
The Van Doren Rubber Companyのユニークな点は前もって靴を製造し、自分自身で販売していくところだ。

そして開店初日の朝、12名のお客から注文が入り、その当日の夕方には靴を引き渡した。

その時、スタイル#44のデッキシューズ「Authentic」が誕生したのだ。

Vansというブランドネームは、頑丈なアッパーとグリップの良いアウトソールを気に入った1970年代始めのスケーター達の心に焼きつき、アナハイムの店舗のショーウィンドウに飾られた。

EARLY 1970S

こうしてVansのしっかりとしたアッパーとグリップ力の高いアウトソールは南カリフォルニアのスケーターに愛されるようになった。

1976

スタイル#95のモデル、現在「Era」と呼ばれ知られているが、Tony AlvaStacy Peraltaによって履き口に綿入りのパッドを入れ、色とりどりのコンビネーションカラーにデザインされた。そして、スケーターの間でスケートシューズのひとつになったのだ。

Vansの「off the wall(オフ ザ ウォール)」のロゴもこの頃デビューする。

1977

スタイル#36「Old skool」が発売され、今ではお馴染みのVansのサイドストライプが使われている。Old skoolは耐久性を上げるため本革を使用した最初のスケートシューズである。このサイドストライプはというと、Paul Van Dorenによる偶然できた落書きから始まった。後に、「ジャズストライプ」と呼ばれるようになり、Vansブランドの象徴的なイメージモチーフの一つとなっている。

スタイル#98「Classic Slip-On」はスケーターやBMXのライダー達によって紹介され、南カリフォルニアで大ブームになり、その世代の象徴的なシューズとして知られるようになった。

1970年代末になると、Vansはカリフォルニアに70の店舗を持つようになり、国内外でセールスを開始。

1978

Sk8-Hiは1978年に「Style 38」として紹介され、ショーウィンドウには他の斬新なシューズではなく、最新のサイドストライプシューズとして並べられた。
以前「ジャズストライプ」として知られたサイドストライプを使用したセカンドモデルとしてだけではなく、足首丈にまですることでより機能性を向上させた。なぜなら、スケーターがもっとも酷使、負傷する部分は足首下だからだ。Sk8-Hiはボードの接触から足首の骨を守るだけでなく、公園でスケートをするスタイルも新しく見せた。

1982

Vansのクラシックスリッポンは映画「Fast Times at Ridgemont High」で出演したSean Pennが着用していたことで国際的に注目を集めた。

1984

Vansは経営破綻してしまう。Vansの基幹となるシューズの売れ行きは好調であったが、大きく拡げすぎた事業がうまくいかず、借金を返せないようになった。裁判所はポール・ヴァン・ドーレン氏を社長として戻ることを条件に、民事再生法を適用した。
ポールは全従業員にこう言った。「むこう3年間は昇給はないかもしれないが、すべてにおいてコストダウンをしなければいけない。しかし、Vansのシューズのクオリティは決して落としてはいけない」

1987

そして3年後、Vansは12月にすべての債権者に返済し、経営破綻した1200万ドルの負債から立ち直る。

1988

Vans初のシグネチャーモデルである「Steve Caballero」が発売。
Vansで初めて防水性素材を使用したシューズを発売し、「Mountain Edition」と名付けられた。

1991

NASDAQ証券取引所にてVansは14ドルで証券株式の初上場。

1993

1993-94年のウィンターシーズンにスノーボードブーツを発売。

1995

Vansが初めて「Warped Tour」のスポンサーとなる。2001年には買収し、
現在「Vans Warped Tour」はアメリカで開催されているフェスの中でもっとも長く続いている。

1996

「Triple Crown of Skateboarding」のスポンサーとなる。

SupremeとのOld Skoolでのコラボレーションにより長いパートナーシップがスタートする。

1997

Vansは「Triple Crown of Surfing 」のスポンサーとなり、世界中のアクションスポーツをリードするようになる。「Vans Triple Crown Serie」はスケートボードやBMX、サーフィンやウェイクボード、スノーボードからフリースタイルのモトクロスやスーパークロスまで多岐にわたるスポーツのイベントを開催した。アメリカのスポーツ専門チャンネル「ESPN2」でも放送された。

1998

オレンジカウンティにあるオレンジモールの一角に、4万6000平方フィートの屋内外利用可能なVans最初の「スケートパーク」が完成。

Daniel Franckが長野オリンピックでVansのスノーブーツを着用し、銀メダルを獲得する。

2000

経済紙「Forbes」にてVansが「2000年のベストスモールカンパニー」と評される。

2001

映画「Dogtown and Z-Boys」をサポートする。
同映画はステイシー・ペラルタにより監督され、いかにスケートボードが始まり、数々の著名人によって進化・発展してきたかを見せている。サンダンスフィルムフェスティバルにて、観客賞とベストディレクター賞を獲得した。映画はショーン・ペンがナレーターを担当し、その後まもなく一般に公開され、スケートボードにおいてVansというブランドは盤石なものとなった。

米チャンネル「NBC Sports」と「Fox Sports Net」にて「Vans Triple Crown Series」のテレビ放映を始める。

Vans Warped Tour」の権利を買収し、アクションスポーツのイベントやミュージックフェスティバルを開催し、人々をリードすることになる。

2002

Danny KassとDoriane Vidalのどちらもがソルトレイクシティ五輪でVansのスノーボードブーツを着用し、メダルを獲得した。

2003

Vansのスケートチームが初のワールドツアー「Please to Meet You Tour」を敢行し、ヨーロッパ7カ国と国内30都市を回った。

「Vans Triple Crown Series」は観客動員数が28万5000人を突破し、NBCスポーツチャンネルやFOXスポーツネットの視聴者数も5000万人を超えた。

Vansコレクションに新しく「Vault」を発表。Vansのクラシックシルエットに世界の最新ファッションを取り入れ、より上質なデザインに仕上げた。

2004

www.vans.comで「Vans Customs」をスタート。
何種類ものカラーや柄を組み合わせて自分だけのClassic Slip-Onを作れるサービスを開始。
同年10月には、Old Skoolも選べるようになる。

6月、VFコーポレーションがVANSを自社株購入権を含め3億9600万ドルで買収する。

「Vans Warped Tour」の観客動員数が初めて50万人以上を突破、10周年を迎える。

2005

スケートの普及に伴って多くの大会が開催されたが、なかでも「Pro-tec Pool Party」が数々の大会の中で最高の大会だろう。第1回大会ではRune GlifbergやChris Miller、Cara-Beth Burnsideが入賞し、オレンジカウンティにあるVansスケートパークに作られた、数々の伝説を作り愛用されたコンビボウルのレプリカで行われた。5月14日、5月14日、満員の会場にはレジェンドやトッププロたちが集結した。

Vansは新しいコンセプトのもと、街中で行われるスケートコンテストを企画する。それが労働記念日にユニバーサル・スタジオの野外撮影所で開催された「Vans Downtown Showdown」だ。スケートボードブランドのToy Machine(トイマシーン)社が団体戦優勝し、かつクリス・コールとエンジェル・ラミレスはそれぞれプロフェッショナル賞とアマチュア賞を受賞した。

BMXフリースタイルの世界大会「Vans/Hard Rock Let it Ride BMX Jam」が9月末にラスベガスで初開催。Ryan Guettlerがダート賞を獲得、Ryan Guettlerはストリート部門で優勝した。

Vansはさらに「Valut by Vans」ラインを通して、革新的でコラボレーションできるような取り組みを推し進めていく。有名なブランド「Marc Jacobs」や新鋭ブランド「Trovata」がVansのスニーカーとコラボした商品は瞬く間に完売した。

2006

Vansは40周年を迎える。

アクションスポーツシューズの先駆者として長く知られたVansはメンズ・ウィメンズともにアパレル事業に乗り出す。Anthony Van EngelenはVansアパレルチームの最初のスケーターになった。

伝説的スケーターChristian Hosoiがアパレルチームに参加したことで、オールドレジェンドたちを再び新しく蘇らせた。Sk8-Hiのホソイ・ライジングサン・リミテッドエディションはスケーターたちが飛びつくほど好評だった。

2007

Rock and Roll Hall of Fame and Museum」がクリーブランドでオープンされ、「Vans Warped Tour」のそれまでの12年間の記録が展示された。開催することによる社会文化への影響や、ツアーに欠かせないパンクロックとスケートとの関係性を知ることができる。

いまだかつてない特別なスペックと思われるスペシャルコレクション「Vans × The Simpsons」シリーズを発売。
Kaws, Stash, Gary Panter, Geoff McFetridge, Dave Flores, Futura, Mr. Cartoon, Sam Messner, Taka Hayashi, Tony Munoz, Todd James and Neckfaceらの多くのアートワークをフィーチャーしたモデルだ。

2008

中国に進出。上海に初の小売店を出店し、若者文化に影響を与える。

Vansアパレルプログラムに参加する最初のサーファーとして、VansサーフチームにいたJoel Tudorが選ばれる。

2009

「Vans: Off the Wall, Stories of Sole from Vans Originals」ハリー・N・アブラムス著が出版される。内容は様々なアクションスポーツのレジェンドやアーティスト、ミュージシャンについて語られており、Vansをカリフォルニア発のカルチャーの象徴として形作る手助けとなった。

2010

NYのブルックリンに「House of Vans」と名付けられたイベントスペース兼スケートパークをオープン。Public EnemyのライブやTony Alva, Steve Caballero, anomar Hassanらスケートレジェンドたちによる激しいセッションが開催。

全米から326もの学校がVans Custom Cultureに参加。
選ばれた4つの高校がVansのホームに招待され、オレンジカウンティアートミュージアムにて展示もされた。優勝校であるニューメキシコのRio Rancho高校がアートプログラムに利用できる10,000ドルの賞金を獲得する。

Joel TudorとVansでロングボードの大会「Joel Tudor Duct Tape Invitational」を開催。最初の2年間は、象徴的なサーフスポットである、Virginia Beach, Montauk, Santa Cruz, Malibu and Salinas, Spainで開催された。

Vansはブティックサーフショップの「Thalia」と組んで初のコラボレーションスペース「Vans by Thalia Surf Shop」をオープン。Vansのサーフラインとアパレルを中心とし、ライフスタイル寄りな雰囲気を加えた内容だった。

2011

Vans初のサーフムービーである「Get-N Classic,Vol.1」をリリース。
Gudauskas 兄弟、Joel Tudor, John FlorenceをはじめVansサーフチームをフューチャーした。Vansサーフプログラムは、チーム初のオーストラリア人サーファーWade Goodallと世界でもっともエキサイティングなサーファーであるDane Reynoldsともつながりをもった。

Vansはインドを含めた世界中に広がっていき、モントリオールOff the Hook (OTH)との初めてのストア、上海のVans by Fly Streetwear などもオープン。メキシコでは初の直営店をオープンする。

アメリカでは東海岸初となるパートナーショップ、且つマンハッタンで最初の店舗、SOHOにあるVans DQM Generalをオープン。

1月にVansはついに10億ドルの売り上げを突破する。
この規模まで達した初のスケートカンパニーとなった。

-->

2012

Half Cab」が20周年を迎える。Steve Caballeroの象徴的デザインであるこのシューズはスケートボーディングとスケートカルチャーにおいてもっとも重要なシューズとして世界中に広まった。

映画「Dogtown and Z-Boys」を制作したメンバーらにより、Vans Warped Tourを題材にした映画「No Room for Rockstars」が公開される。Slamdance映画祭にノミネートされ、iTunesのドキュメンタリーチャートのトップにもなる。

Vansの「The Vans Triple Crown of Surfing」がサーフィンの最高の大会として30周年を迎える。

新しいUltra Cush Liteテクノロジーを搭載したLXVIラインがデビュー。
Ultra Cush Liteはカスタムブレンドされた素材で、超軽量で抜群のクッショニングを提供した。

初めてのカップソールのヴァルカナイズアイテムをリリース。カップソールの耐久性やサポート力、ヴァルカナイズのグリップ力はそのままに、ボードへのダイレクトな感覚も併せ持った新しいテクノロジー、WAFFLECUP™を開発。

10月に映画「Get-N Classic Vol. 2」がリリース。

2013

the Vaultコレクションの10周年記念として、リミテッドモデルを発表。

スノーボーディングの20周年を記念して、映画「Twenty Years: Off the Wall, On the Snow」をリリース。スタンダードフィルムの生みの親であり映画監督として名高いMike Hatchettと手を組んだ。

スノーボーディング20周年にMountain Edition Apparelを発売。
ストリートウェアのデザインに初めてスノーウェアー機能を盛り込んだコレクションとなった。

ロックバンドMetallicaとコラボ。特別なOff The Wallにするために、バンドメンバーであるJames Hetfield, Lars Ulrich, Kirk HammettとRobert Trujilloは自分のシューズをデザインし、Pat Moore, Steve Caballero, Nathan Fletcher, Tony Trujilloを含めたVansのアスリートたちとコラボレーションをした。TVシリーズはVansファミリーの一部である事を明らかにした。

7月、カリフォルニアのHuntington Beachで開催される「US Open of Surfing」のスポンサーになる。

2013年秋、Disneyと手を組み、もっとも愛されているキャラクターであるMickey Mouse, Winnie the Pooh, Donald Duckをフィーチャーし、失われてしまっていた1980年後半のデザインを呼び起こしたVansクラシックシューズとコラボした。

50か国から集まった1000校以上の学校が Vans' Custom Culture Contestに参加。現実とアメリカのアート、これまでのVansの歴史をみることで、高校においてアートの重要性を気付かせるきっかけとなる。今では高校のアートプログラムを支援するため、30万ドル以上を寄付している。

Vans Custom Cultureにブラジルで1年目で50の学校が参加。

House of VansがAustin’s Southで開催されるSouthwest music festivalのMohawk Stageに出演。

プロスケーターChima FergusonとVansが「Chima Pro」シューズコレクションを製作、6年ぶりの発売。

ショートフィルム「Ductumentary」がリリース、Joel Tudorのサーフィンがフィーチャーされた。Graham NashとReagan Richieが監督し、Joel Tudor, Alex Knost, Tyler Warren, Ryan Burch, Jared Mellだけでなく多くのサーファーが取り上げられた。

Triple Crown of Surfing 」のライブビューイングを発信。
70カ国以上の国から歴史上もっとも多い350万人もの人々がウェブで大会を観戦した。最終日には100万人が大会を観ている。

2014

元金メダリストShaun Whiteを差し置いて、Iouri PodladtchikovがVansのスノーボードブーツを履いてソチオリンピックで金メダルを獲得。

Living Off The Wall 」ブランドキャンペーンを開始。Vans独自のOff the Wallとしてのルーツを表現するため、世界中から言葉や映像、映画を使ったドキュメンタリー制作者を取り上げた。

3月、4万2000平方フィートのスケートパークをカリフォルニアのHuntington Beachにオープン。Geoff Rowley, Johnny Layton, Kyle Walker, Christian Hosoiらエリートがスケートボーディングを見せた解放初日には1000人がつめかけた。

2014年春、Beatlesと手を組み、The Yellow Submarine albumのアートワークからインスパイアされた「The Beatles Yellow Submarine by Vans」を製作。

3月には、5日間の音楽フェスティバル「SXSW」にHouse of Vans at the Mohawkで参加。
意欲的な地元のミュージシャンとのセッションやBMXの大会、ポップアップショップなどVansのすべての経験をつぎこんだ。また、4つのバンドをミュージックフェスティバルで登場させた。

5月、Vans Pool Partyの10周年イベントで、初めて出場したレジェンドたちが2つに分かれた。
レジェンド受賞者はChris Miller, Jeff Grosso, Christian Hosoi、マスター受賞者はBruno Passos, Brian PatchとDarren Navaretteが受賞した。

レジェンドスケーターGeoff Rowleyがアパレルのサポートを受け始める。
今ではGeoff Rowleyはスケーターであり、上から下までVansになったのだ。

Vans Warped Tourは20周年を迎え、開催初日にはライブビューイングにて音楽と共に幕を開けた。

4年目になり、2000の学校がVans Custom Cultureのハイスクールアートコンペティションに参加。Vansは37万5000ドル以上を世界中の高校のアートプログラムに寄付した。ブラジルのVans Custom Cultureは2年目に入り、147校が大会に参加した。

Vansはさらに大きく広がる。Star Warsの3作目からアートワークを取り入れ、out-of-this-worldコレクションを製作。フォースはVansとともに強くなる。VansのフットウェアであるClassicsとVaultからメンズアパレルやウィメンズアパレルまで製作は拡がった。VansのデザインとStar Warsのキャラクターを組み合わせ、今までにないユニークな商品に仕上がった。

7月、映画「Get-N Classic Vol. 3 」がリリース。フィーチャーしたVansサーフチームの中にはレジェンドのNathan Fletcher, Joel Tudor, Dane Reynolds, Gudauskas brothers, Dylan Graves, Ivan, Nathan Florence, Leila Hurstらが参加した。

現代音楽において先進している大学のバークレー音楽大学と協力し、17才のシンガーソングライターであるMiette Hope-Goldmanが Vans Berklee Off The Wall Scholarshipの奨学生となったことを発表した。4年間は授業や家賃、交通費を補助される。

8月、ロンドンのHouse of Vansがオープン。Waterloo駅の下に3000平方メートルのアート、音楽、スケートのスペースを作り、ロンドンの画期的なプレイスポットとなった。ロンドンのカルチャーはあまりはっきりとしていないため、Vansは5年かけて開店。House of Vansは次世代の若者のクリエイティビティを育てる。

10月、Steve Van DorenがTony AlvaとChristian Hosoiと共にボストンへ向かい、2015年オープン予定のLynch Family Skateparkの着工が始まる。10年以上かけて、Charles River Conservancyは良好な環境と地元のスケーターとBMXライダーが無料で楽しめるよう尽力した。

韓国 ソウルにあるハイラインのファッションが並ぶApgujeong区に進出。
Rodeo通りの半ばにある330平方メートルの2階立ての新店で、Vansの長い歴史と人々を引き込むようなデザインを尊重した。12/12の開店日、レジェンドTony Alvaのスケートボーディングのパフォーマンスは地元の人々に喜ばれた。

2014年12月のthe trade publication’s annual Achievement Awardsの期間中に
Vansはフットウェアニュースで「Brand of Year」に選ばれる。Carol LimとHumberto Leon、クリエイティブデザイナーのKenzoによるオープニングセレモニーで、Vans社長 Kevin Baileyに授与した。

2015

5月、「PROPELLER: A Vans Skateboarding Video」を製作。
Vans初のスケート映画であり、スケートの歴史が大きく広がる先駆けとなった。
この上映をきっかけにVansのスケートのプロチームは国際的に注目されるようになり、さらに世界中でVansが語るスケートで受け継がれてきたものが認められるようになった。
映画「PROPELLER」はiTunesで最短セールスを記録した映画のひとつになった。

夏、「Disney and Vans `Young at Heart`」と「Vault by Vans × Takashi Murakami」が発売。このコラボによってさらに世界中の多くのファンを獲得した。

Geoff Rowleyの最初のアパレルコレクションを発表。同時に、新しいプロスケートシューズ「Rowley Solo」を発売した。

Vansのオンライン統合チームが"2015 VF Pinnacle Award"を受賞。毎年1チームだけ世界中から選ばれる名誉ある賞で、コラボレーションなど会社の施策を前進させた。

2015年は「Vans Syndicate」シリーズの10周年目であり、 Vans Pro Skateの成功は様々なアイデアや意欲、影響によって作られた。Vansはこの節目に感謝の意を表し、当時のコラボレーターを再訪しこの10年のスタイルや継承されてきたものを伝えた。

2016

3/16、VANSは50周年を迎える。