This is Off The Wall
Szaber Bowl
廃墟に新たな息吹を吹き込むポーランドのスケートクルー

More Skateboarding Stories

ポーランドのワルシャワのスケートコミュニティはスケートパークを欲していましたが、市は建設しようとはしていませんでした。そこで彼らは自分たちの手で壁を壊し瓦礫を埋め立て廃墟となったショッピングセンターをスケートする場所に変えました。それは不完全にはなるかもしれませんが、まさに彼らが好きな方法です。

いつ地権者が埋め立てに戻ってくるかわかりませんが、建設にかけた数百時間が失われる事はありません。なぜなら地権者にも奪われない、絆と思い出があるからです。

「どうやってやるのかまったく分からなかった、100トンくらいの瓦礫を100トンのコンクリを使って手で積み上げてまさにチームワークの力でした。」-Marcin
「私にとって完成は重要ではなかった、創造する行動自体が何よりも大事でした。」-Duska
「どうやってやるのかまったく分からなかった、100トンくらいの瓦礫を100トンのコンクリを使って手で積み上げてまさにチームワークの力でした。」-Marcin
「私にとって完成は重要ではなかった、創造する行動自体が何よりも大事でした。」-Duska
「ある時、ゴールを達成する事が目的ではなくそれを追いかける事こそが目的だと気づきました。」-Marcin
X